"; include("./common2/contents/c01_1425626564104.html"); print "
"; ?>
建築士学科
建築士コース
建物の基礎から学び、建築士を確実に目指します。
大学併修コース
建築士の勉強に加え、大学の単位も先取りで取得できます。
2級建築士の最短合格を目指し、本科(2年制)卒業後、建築士専攻科(1年制)に進学する学生が多い学科です。本科では、建築に関する基礎知識を学びながら、製図やCAD設計、建築物のデザインなどの実習を通して、基本技術をしっかり習得します。建築士専攻科へ進学後は、2級建築士試験の対策授業(学科試験・設計製図試験)を中心に高度な知識と技術を習得し、建築業界で活躍できる実践力を身につけます。

建築士になるには

建築士学科紹介動画

建築士学科3つの特徴

建築士学科2年間の成長

建築試験のカギを握る製図技術を
ゼロから実践レベルまで

  1. 入学当初は基礎から「エスキス」という設計の
    準備段階として簡単に構図を描きます。

  2. 2年間を通して細かな設計図面を
    描けるようになります。

動画で見る卒業生インタビュー

目指せる資格

その他
建築デザイナー、建築施工監理技術者、住宅営業 など

目指せる資格

  • 国家資格 1・2級建築士
  • 国家資格 1・2級建築施工管理技士
  • ・建築CAD検定
  • ・Revit Architectureユーザー試験

タイムテーブル

  • 1年次
  • 2年次

※画像クリックで拡大表示します
※タイムテーブルは1年次の一例です。
※色付き部分が実習です。

※画像クリックで拡大表示します
※タイムテーブルは2年次の一例です。
※色付き部分が実習です。

タイムテーブル

  • 1年次
  • 2年次

※タイムテーブルは1年次の一例です。
※色付き部分が実習です。

※タイムテーブルは2年次の一例です。
※色付き部分が実習です。

カリキュラム

建築士学科の学生作品集

学生VOICE

深井さん

(柏崎常磐高校出身)

試験対策授業者製図を
じっくり教えてもらえる

最短で建築士資格を取って、就職したいと考えていたのでNITを選びました。授業は基本的な知識を教えてもらうところからスタートしたので、普通科高校出身でも安心して授業を受けることができました。建築の知識を身につけて少しずつ目標に近づけていることが実感できています。

実習・演習

  • 設計製図実習

    1・2級建築士試験で、合格のカギを握るのが「製図試験」。だから建築士学科では1年次から設計製図実習で設計と製図の基礎固めをしっかりと行います。そして2年次には2級建築士試験の製図課題の読み取り方から、素早く正確な図面を描き上げる実践的な訓練まで行います。

  • 3D-CAD設計(BIM Revit)

    CADやBIMを使って立体的に建物の設計をします。

  • 建築学実習(現場見学)

    講義に加え、実際の建物見学や現場見学へ出掛けます。

  • 建築総合実習

    オリジナルのプランニングから模型作り、
    プレゼンテーションまでを総合的に学びます。

  • 建築模型実習

    数人でチームを組み、与えられたテーマに沿って住宅の模型を制作します。

*/?>

2級建築士試験の合格率が高いこと、最新建築設計ソフトであるBIM(Revit)の授業を受けられることが理由で、他校と比較の上、NITに入学しました。普通科出身でしたが、先生たちがゼロから教えてくれるので授業にしっかりついていくことができます!

中村 謙吾さん

(新潟東高校出身)

*/ ?>

\ FOLLOW US /

資料請求はコチラ LINE友だち追加 オープンキャンパス開催中!
情報公開
×
オープンキャンパス開催中